オーディションの合否は写真写りがカギとなる

写真の写りを気にしよう!オーディションで上手くいくコツ

オーディションの合否は写真写りがカギとなる

婦人

オーディション用の写真を撮る際に注意すること

オーディションでの審査で使用される写真は自分を間接的にアピールする目的も含まれているため、撮影をする上でいくつかの注意点があります。
まず一つ目が服装選びです。仕事の内容によっては体型の良し悪して判断をされるケースも少なからずあって、そういった時に自分の体型がわからないようなダボダボの服を着てしまっては審査をする側が正しい判断ができません。そのため清潔感はもちろんのこと、服の上からでもある程度体型がわかるような物を選ぶことが重要です。
女性の場合はメイクや髪型も大事なポイントになります。中には自分を良く見せようとメイクを張り切りすぎて年齢よりも老けた印象を与えてしまうといった失敗は少なくありません。ありのままの自分を見せると言う意味でも顔がハッキリとわかる髪型とナチュラルメイクを心掛けることが必要です。

写真写りを良くするためのポイント

オーディションで印象を良くするポイントの一つに写真写りがあります。中には写真写りが悪いことで撮影に自信が持てないという人も少なくありません。しかし、やり方次第では誰でも良い印象を与える写り方ができます。
まずは立ち方です。これは写真に限らず日常生活でも同じことが言えますが、背中が曲がっているいわゆる猫背の状態では人に良い印象を与えることはできません。そのため、写る時はしっかりと背筋を伸ばして立つことが基本です。
足の角度も写り方の良し悪しを左右する大事なポイントになります。写真では角度によって足のサイズに違った印象を与えることが可能です。おすすめは前足と後ろ足を軽く重ねる形で、これによって足を細く印象付けることができます。この時にあまり重ねすぎてしまうと意図的に行なっていると思われてしまうため、鏡の前で自分でチェックすることが大切です。

通常の写真とオーディション用写真の違い

プライベートの思い出作りと仕事としての撮影

日常生活で何気なく撮っている写真はその時の思い出を残すための目的で撮影していることが多いことから、写る時に自身の印象について特別な意識を持つ人はそれほど多くはありません。しかし、オーディションの写真は撮影の段階で仕事が始まっていると言っても過言ではなく、自分の魅力を最大限に伝えられるように意識を持つことが大切です。

仕事として要求されることに応えなくてはいけない

日頃から写真写りに自身がない人は、撮られること自体に抵抗を感じてしまって表情などにその自身のなさが反映されてしまうケースは珍しくありません。しかし、オーディション用の写真では例え自信がなくても仕事である以上、相手に良い印象を与えられるように笑顔で写れるような努力が必要不可欠です。

オーディション用写真専門のカメラマンに依頼しよう

これは全てに共通することですが、一般の人と撮影を仕事としているプロのカメラマンでは同じ物を撮っても仕上がりに違いが出てしまう物です。仮に自分では会心と言える写真が撮れたとしても、相手も日頃から写真による審査を行なっているプロである以上、素人の撮影と見抜かれてしまうケースは少なくありません。